宮城で震度5強 東北道など通行止め 原発で異常の確認なし

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
地震の影響で運転を見合わせた新幹線の情報を確認する人たち=JR仙台駅で2021年5月1日午前11時47分、藤田花撮影
地震の影響で運転を見合わせた新幹線の情報を確認する人たち=JR仙台駅で2021年5月1日午前11時47分、藤田花撮影

 1日午前10時27分ごろ、宮城県で震度5強を観測する地震があった。震源は宮城県沖で震源の深さは60キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.6と推定される。気象庁によると、津波の心配はないという。

 JR東日本などによると、この地震の影響で、東北新幹線の全線と常磐線の原ノ町―仙台駅間の上下線で一時運転を見合わせた。高速道路は、東北自動車道、常磐自動車道、山形自動車道の一部区間が安全点検のため通行止めとなった。

 電力各社によると、女川原発(宮城県)や福島第1、第2原発(福島県)、東海第2原発(茨城県)で異常は確認されていない。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文622文字)

あわせて読みたい

注目の特集