野口さん、2日に宇宙から帰還 アポロ8号以来の「夜間着水」で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際宇宙ステーションの日本の実験棟「きぼう」から記者会見する星出彰彦(左)、野口聡一両宇宙飛行士=2021年4月26日午後8時4分、宇宙航空研究開発機構の配信動画から
国際宇宙ステーションの日本の実験棟「きぼう」から記者会見する星出彰彦(左)、野口聡一両宇宙飛行士=2021年4月26日午後8時4分、宇宙航空研究開発機構の配信動画から

 日本の野口聡一飛行士が2日午後、約半年間滞在した国際宇宙ステーションから地球に帰還する。米宇宙船クルードラゴン1号機で米フロリダ半島沖に着水する予定。現地は午前3時ごろで、米航空宇宙局(NASA)によると、米国の有人宇宙船では1968年のアポロ8号以来53年ぶりの「夜間着水」となる。

 野口さんによると、ドラゴン1号は出発後、速度を落として高度を下げて大気圏に突入。高度約2000メー…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

あわせて読みたい

注目の特集