連載

私たちはここにいる

毎日新聞デジタルの「私たちはここにいる」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

私たちはここにいる

LGBT制度は今/上 自分らしく生きたい 「当事者の存在知って」 小豆島・初の宣誓 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小豆島町役場で松本篤町長(左)に宣誓書を手渡す高橋瑞佳さん(右)とパートナーの女性=香川県小豆島町で2021年4月14日午後1時28分、西本紗保美撮影
小豆島町役場で松本篤町長(左)に宣誓書を手渡す高橋瑞佳さん(右)とパートナーの女性=香川県小豆島町で2021年4月14日午後1時28分、西本紗保美撮影

 LGBTなどの性的少数者のカップルを自治体が結婚に相当する関係と証明する「パートナーシップ宣誓制度」が、県内でも広がりつつある。4月には小豆島、土庄、多度津の3町で導入され、導入自治体は計6市町となった。長い間、社会から「ないもの」同然に扱われてきた当事者たちの思いを取材した。【西本紗保美】

 「こんな小さな島にも、当事者がいると知ってほしい」。小豆島町在住の高橋瑞佳(みずか)さん(36)は4月14日、パートナーの女性(30)と、小豆島町役場でパートナーシップ宣誓を申請し、町公認の島内第1号カップルとなった。

 県内では三豊市が2020年1月に初めてパートナーシップ宣誓制度を導入しており、毎日新聞の取材によると、4月末時点で6市町で15組のカップルが誕生している。

この記事は有料記事です。

残り1557文字(全文1892文字)

あわせて読みたい

注目の特集