春季四国高校野球 高知が5年ぶりV 明徳義塾降す /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明徳義塾-高知】四回裏高知1死一、二塁、森木が3点本塁打を放つ=香川県高松市生島町のレクザムスタジアムで2021年5月1日午後1時41分、川原聖史撮影
【明徳義塾-高知】四回裏高知1死一、二塁、森木が3点本塁打を放つ=香川県高松市生島町のレクザムスタジアムで2021年5月1日午後1時41分、川原聖史撮影

 第74回春季四国地区高校野球大会(四国地区高野連主催)の決勝が1日、高松市生島町のレクザムスタジアムであった。春季大会では初めて同じ県勢同士の対戦となり、高知(高知2位)が6―2で今春センバツ出場の明徳義塾(高知1位)に快勝し、5年ぶり11回目の優勝を果たした。

 ▽決勝

明徳義塾

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文336文字)

あわせて読みたい

注目の特集