春季四国高校野球 高知が5年ぶりV 明徳義塾降す 両監督、主将の話 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

打撃力あげたい 高知・浜口佳久監督

 先発の杉村が粘りの投球をしてくれた。明徳義塾の打線はプレッシャーがすごかった。今日は、森木が投打に調子が良かった。夏の甲子園に向けて、打撃力を上げていきたい。

守りがよかった 高知・吉岡七斗主将

 投手陣は四球が多かったが、野手の堅実な守備が光った。点がほしいときにスクイズを失敗す…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集