連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

ビンラディン容疑者殺害10年 米軍不在、高まる緊張

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ビンラディン容疑者=AP
ビンラディン容疑者=AP

 バイデン米政権は4月29日、アフガニスタン駐留米軍が撤収を始めたと明らかにした。駐留の契機となった米同時多発テロの首謀者ウサマ・ビンラディン容疑者が、潜伏先のパキスタンで米軍に殺害されて5月2日で10年。同容疑者が率いた国際テロ組織「アルカイダ」とアフガンの旧支配勢力「タリバン」は今も連携していると指摘される中で、米軍の不在は何をもたらすのか。

この記事は有料記事です。

残り3216文字(全文3390文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集