連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

参院広島再選挙・野田氏の投開票日投稿 「秘書がやった」ではすまない

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松尾貴史さん作
松尾貴史さん作

 参院長野選挙区の補選で立憲民主党の羽田次郎氏、衆院北海道2区の補選では立憲民主党の松木謙公氏、参院広島選挙区の再選挙でも立憲民主党、国民民主党、社民党など野党推薦の諸派新人、宮口治子氏が当選した。

 テレビや新聞では「自民、3選挙全敗」という見出しが多く躍っていたが、「野党全勝」ではなく、自民党側の立場から見た言い方になっていることに違和感を覚えた。もちろん、政権運営が厳しくなるなどの2次情報をニュアンスに盛り込んでいるのだろうけれど、選挙結果の伝え方として奇妙に感じてしまうのだ。

 長野選挙区の補選は、当選した羽田次郎氏の兄、雄一郎氏が新型コロナウイルスに感染し、治療が間に合わず無念の死を遂げたことで、弔い合戦の色合いが濃かったとも言われる。コロナ対策に後手後手で迷走する菅政権への批判が形になった結果かもしれない。

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1394文字)

あわせて読みたい

注目の特集