特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

5連休スタート 首都圏から観光客 でも「コロナ前の半分以下」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
昇仙峡近くの通りの人出は例年より少ない=甲府市猪狩町で2021年5月1日、田中綾乃撮影
昇仙峡近くの通りの人出は例年より少ない=甲府市猪狩町で2021年5月1日、田中綾乃撮影

 ゴールデンウイーク(GW)の5連休が始まった1日、山梨県内の観光地では、首都圏などからの観光客らの姿が目立った。ただ例年のような混雑はないものの、新型コロナウイルスの感染拡大で県下にも緊急事態宣言発令中だった昨年よりは人の動きは多かった。【田中綾乃】

昇仙峡「覚悟のうえで来た」

 甲府市郊外にある昇仙峡。例年この時期は首都圏からの観光客が8割を占めるため、ロープウエーの利用客数も大型連休期間中はコロナ前の3分の1を想定している。

 昇仙峡の案内人を務める米山一雄さんは「(観光客が)コロナ前の大型連休の半分もいない」と嘆く。それでも密にならない屋外の渓谷や川を訪れ、山歩きやカヌーを楽しむ人は少なくない。昇仙峡観光協会によると、昨年の大型連休期間は緊急事態宣言中で営業する店はなかったが、今年は営業を続ける。

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1385文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集