特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

佐賀県立中、男女同数定員を廃止 教委、22年度入学から適用

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐賀県庁=佐賀市城内1で2019年2月26日、池田美欧撮影
佐賀県庁=佐賀市城内1で2019年2月26日、池田美欧撮影

 佐賀県教委は、県立中学の定員について「原則男女同数」としていた募集要件を廃止する、と発表した。県教育振興課は「能力や適性以外の性別で区別する必要は無いという社会情勢の変化も踏まえた」としており、新ルールは2022年度入学を目指す生徒の選抜試験から適用される。

 県は03年から順次県立中学を開校。現在は佐賀、唐津など4市に計4校ある。当初は「男女同数」の規定はなかったが、女子の入学者数が男子を上回る傾向が続き、学校側から問題視する声が出たという。このため、県教委は「クラス編成や学習活動な…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文613文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集