連載

高橋智史が撮る故郷・秋田

「第38回土門拳賞」受賞者のフォトジャーナリスト・高橋智史氏が撮影した、故郷・秋田をテーマにした作品を紹介します。

連載一覧

高橋智史が撮る故郷・秋田

受け継がれしものたち 神の魚求めて 男鹿・ハタハタ漁 /秋田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
極寒の海を駆けるハタハタ漁の漁師たち=秋田県男鹿市沿岸の日本海で、2020年12月19日撮影
極寒の海を駆けるハタハタ漁の漁師たち=秋田県男鹿市沿岸の日本海で、2020年12月19日撮影

 朝7時。身を切るような寒さの中、「第八長洋丸」は漁場を目指し、男鹿の脇本漁港を出港した。鉛色の海に出ると風は勢いを増し、乱舞する雪が頬(ほお)を打つ。

 ごく僅(わず)かな期間しか行われない、秋田に伝わる「季節ハタハタ漁」の始まりだ。

 ハタハタは、冬の到来を告げる雪雲から雷鳴が轟く12月ごろ、産卵のために海底から大群を成して沿岸にやってくる。その姿を通し、雷神が遣わした「神の魚」として古くから崇められ、秋田の文化的営みと密接してきた。

 その神の魚を求めて、海に畏敬の念を抱きながら、極寒の荒波と漁師は対峙(たいじ)する。命をかけた漁を初めて間近にしていると、シャッターを切る目頭が、次第に熱くなっていった。故郷で受け継がれてきた尊い願いが、胸に迫ってきたからだ。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文746文字)

あわせて読みたい

注目の特集