しもつけ風土記の丘資料館がリニューアルオープン 国重文、機織り埴輪など330点 /栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
機織り姿の埴輪に見入る親子=栃木県下野市国分寺のしもつけ風土記の丘資料館で2021年5月2日、竹田直人撮影
機織り姿の埴輪に見入る親子=栃木県下野市国分寺のしもつけ風土記の丘資料館で2021年5月2日、竹田直人撮影

 下野市国分寺の「しもつけ風土記の丘資料館」が2日、リニューアルオープンした。午後1時の開館前には古代ファンらが列を作り、新しい展示室で、市内の遺跡から出土した土器や埴輪(はにわ)などに見入っていた。

 約323平方メートルの展示室ではリニューアルに伴い、これまでは約250点だった展示品が約330点に増えた。全国で初めて甲塚古墳(同市国分寺)で見つかり、国の重要文化財に指定されて…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文475文字)

あわせて読みたい

ニュース特集