連載

私たちはここにいる

毎日新聞デジタルの「私たちはここにいる」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

私たちはここにいる

LGBT制度は今/下 少数者の権利認めて 広がる「宣誓」 自治体で温度差も /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
自宅のサンルームでくつろぐ田中昭全さん(右)と川田有希さん。「力を合わせて改装してきた自宅を互いに相続できるようにしたい」と語る=香川県三豊市詫間町で2021年4月13日午後3時44分、西本紗保美撮影
自宅のサンルームでくつろぐ田中昭全さん(右)と川田有希さん。「力を合わせて改装してきた自宅を互いに相続できるようにしたい」と語る=香川県三豊市詫間町で2021年4月13日午後3時44分、西本紗保美撮影

 「大多数の人は人生の伴侶に異性を選びます。しかし、一部の人は同性を選びます。それは主義とか嗜好からそうするのではなく、普通に生きていて自然とそうなるのです」

 2020年1月に、LGBTなどの性的少数者のカップルを結婚に相当する関係だと公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」を四国で初めて導入した三豊市。公共施設などには同性愛が特別でないことをアピールする文章とともに、白いドレス姿の女性カップルが寄り添うポスターが貼られている。

 その写真はSNSで若者を中心に人気の写真家、岩倉しおりさんが市内の海岸で撮影した。ポスターの製作を手がけた市内在住のデザイナー、田中昭(あき)全(よし)さん(43)は「LGBTの当事者がSNSで積極的に発信するようになり、同性カップルが若い人に受け入れられ始めている。父母ケ浜の人気で観光客や若い移住希望者も増えている」と語り、先進的な同市でマイノリティーへの理解が深まることに期待を寄せる。

この記事は有料記事です。

残り1151文字(全文1564文字)

あわせて読みたい

注目の特集