特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

憲法記念日 護憲派と改憲派が集会 「緊急事態条項」巡る訴え目立つ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない中で迎えた憲法記念日の3日、護憲派と改憲派はそれぞれ集会を開いた。昨年は全国が緊急事態宣言下で、今年も東京や大阪など4都府県を対象に3回目の緊急事態宣言が発令されている中での「憲法を考える日」。そうした状況もあり、今年も大規模災害時などに政府の権限を強める「緊急事態条項」創設の是非などについての訴えが目立った。

 護憲派は、東京都千代田区の国会前で「平和といのちと人権を!5・3憲法大行動」を開いた。オンライン活用を呼びかけ、動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信したが、現地にもマスク姿の多くの市民が駆けつけ、互いに距離を保ち会話を控えるよう注意しながらの開催となった。

この記事は有料記事です。

残り1263文字(全文1572文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集