生まれたての「入園生」見守って 仙台の水族館に「ようちえん」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
4月にうみの杜ようちえんに入園したコモンカスベ=仙台うみの杜水族館提供
4月にうみの杜ようちえんに入園したコモンカスベ=仙台うみの杜水族館提供

 仙台市の「仙台うみの杜水族館」に、生まれたばかりの稚魚を観賞できる新コーナー「うみの杜ようちえん」が開設された。

 これまでバックヤードで育てられ、来館者の目に触れることがなかった稚魚を展示。子どもたちでも楽しめるように低めに水槽を設置し、幼少期のかわいらしい姿や成長過程を見守ってもらう。

 4月に入園したのは、サンゴタツ、トラザ…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文298文字)

あわせて読みたい

注目の特集