特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

特権を問う

米軍ヘリの都心低空飛行は規制できるか 識者の「予想外」の答え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 在日米軍ヘリが東京都心の上空で日本のヘリであれば違法となる低空飛行を繰り返している。渋谷や新宿のビル群をぬうように飛ぶ姿が確認されているが、軍事分野に詳しい航空評論家の青木謙知さん(66)は「米軍は自分の国ではやらない。緊急事態でもなければニューヨークのエンパイアステートビルの横を低空では飛べない」と語る。それでは在日米軍に日本の航空法令を適用して規制をかけるとどういう結果になるのか。米軍を深く知る青木さんから返ってきたのは予想外の答えだった。【聞き手・取材班】

――なぜ米軍ヘリは都心で低空飛行を繰り返すのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り4764文字(全文5026文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集