朝日阪神支局襲撃から34年 コロナ下「言論の自由」かみしめ追悼

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
犠牲になった小尻知博記者の祭壇に手を合わせる男性=兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で2021年5月3日午前10時17分、滝川大貴撮影 拡大
犠牲になった小尻知博記者の祭壇に手を合わせる男性=兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で2021年5月3日午前10時17分、滝川大貴撮影

 兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で1987年、小尻知博記者(当時29歳)ら2人が殺傷された事件は3日、発生から34年を迎えた。新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が発令されており、事件資料室などの一般公開は2年連続で見送られた。支局1階には小尻記者の遺影を飾った祭壇が設けられた。追悼に訪れた人々は静かに手を合わせ、言論の自由を守る大切さに思いをはせた。

 事件は、憲法記念日の87年5月3日午後8時15分ごろに起きた。目出し帽をかぶった男が支局内で散弾銃を発砲。小尻記者が死亡し、同僚の犬飼兵衛記者(2018年に死去)が重傷を負った。事件後に「赤報隊」を名乗る犯行声明文が報道機関に届いたが、02年に公訴時効を迎えた。

犠牲になった小尻知博記者=兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で2021年5月3日午前9時41分、滝川大貴撮影 拡大
犠牲になった小尻知博記者=兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で2021年5月3日午前9時41分、滝川大貴撮影

 事件当時から近くに住む藤本千恵子さん(58)は「言論の自由を脅かす一大事件で衝撃を受けた。今も支局の前を通るたびに思い出す。『二度と同じような事件が起きない日本であるように』と祈った」と話した。

 一方、3日昼には、広島県呉市にある小尻記者の墓を朝日新聞広島総局長が参った。【稲田佳代】

事件発生と同時刻に黙とうする朝日新聞の社員ら=兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で2021年5月3日午後8時15分(代表撮影)
事件発生と同時刻に黙とうする朝日新聞の社員ら=兵庫県西宮市の朝日新聞阪神支局で2021年5月3日午後8時15分(代表撮影)

あわせて読みたい

注目の特集