特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大規模接種、大阪は府立国際会議場で 京都、兵庫住民も対象で調整

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナワクチン大規模接種会場に決まった大阪府立国際会議場。先だって、中山泰秀・副防衛相や吉村洋文・大阪府知事らが視察した=大阪市北区で2021年5月3日午後2時12分、加古信志撮影
新型コロナワクチン大規模接種会場に決まった大阪府立国際会議場。先だって、中山泰秀・副防衛相や吉村洋文・大阪府知事らが視察した=大阪市北区で2021年5月3日午後2時12分、加古信志撮影

 防衛省は3日、同省が運営する新型コロナウイルスワクチンの「大規模接種センター」について、大阪府立国際会議場(大阪市北区)に設置することを発表した。中山泰秀副防衛相が大阪市内で開いた記者会見で明らかにした。緊急事態宣言が出ている大阪、京都、兵庫3府県の住民を対象にする方向で調整しており、東京会場と同様に24日からの接種開始を目指す。

 中山氏は会見に先立ち、センターの候補地として府立国際会議場と府立体育会館(大阪市浪速区)の2カ所を視察。エレベーターやエスカレーターが多く高齢者が利用しやすい点などを踏まえ、国際会議場に設置することを決めた。

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文522文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集