特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

イノシシ対策でお助けだ「ワン」 福島・南相馬に秋田犬を贈呈

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
災害時相互応援協定締結式で、秋田県大館市の福原淳嗣市長(左後方)ら関係者から、福島県南相馬市の門馬和夫市長(右から2人目)に寄贈された秋田犬「大馬」(中央)=秋田県大館市役所で2021年4月30日、田村彦志撮影
災害時相互応援協定締結式で、秋田県大館市の福原淳嗣市長(左後方)ら関係者から、福島県南相馬市の門馬和夫市長(右から2人目)に寄贈された秋田犬「大馬」(中央)=秋田県大館市役所で2021年4月30日、田村彦志撮影

 秋田県大館市はこのほど、東日本大震災の被災地、福島県南相馬市に有害鳥獣対策として生後70日の秋田犬「大馬(だいま)」(赤毛の雄)を贈呈した。両市はこの日、秋田犬を通じた交流を機に「災害時相互応援協定」を結んだ。

 福島県北部の浜通りに位置する南相馬市は海に面し、東日本大震災では津波で壊滅的な被害を受けた。東京電力福島第1原発事故の後、住民の帰還が進まない浜通り地域一帯の宅地や農地ではイノシシやニホンザルなどによる被害が拡大。2020年1月、南相馬市…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集