特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

駆ける聖火・千葉

ランナーの思い/上 開催意義、強く発信を 7月3日・浦安走行 小林澄子さん(65) /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小林澄子さん=千葉県浦安市入船1のイオン新浦安店内「小林クリニック」で2021年4月23日、秋丸生帆撮影
小林澄子さん=千葉県浦安市入船1のイオン新浦安店内「小林クリニック」で2021年4月23日、秋丸生帆撮影

 東京オリンピックの聖火リレーは、2カ月後の7月1~3日に県内で実施され、258人・組のランナーがつなぐ。ただ、五輪が1年延期となった原因の新型コロナウイルスの感染拡大は、いまだ収束の見通しが立っていない。県内を駆ける予定のランナーに今の思いを聞いた。【秋丸生帆】

 「新型コロナウイルスの流行下で大会を開くのであれば、何のための大会で、なぜ聖火リレーが必要なのか。みんなの気持ちを一つにできるようなメッセージが必要だ」

 東京都出身で順天堂大医学部を卒業。麻酔科医の経験から、1994年に浦安市で心身の痛みの問題に対処するペインクリニックや在宅ホスピスを行う診療所を開院した。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文849文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集