連載

やってみました

毎日新聞デジタルの「やってみました」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

やってみました

軽井沢「ツキノワグマウオッチング」参加 森に「生きている」実感 自然共有し、共存探る /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ベアドッグとして昨年デビューしたレラとピッキオの田中純平さん=長野県軽井沢町で2021年4月28日、坂根真理撮影
ベアドッグとして昨年デビューしたレラとピッキオの田中純平さん=長野県軽井沢町で2021年4月28日、坂根真理撮影

 「冬眠明けのツキノワグマに出会えるかもしれない」。そう聞いて、クマに詳しい専門家と、軽井沢一帯の群馬県境にほど近い森に入った。クマは人里に出没して畑を荒らしたり、人を襲ったりして厄介者に見られがち。一方、生息数の減少で絶滅が危惧される地域もあり、保護の関心も高まる。クマとどう共存すればいいのか、考えながら歩いた。【坂根真理】

 4月28日、20年以上クマの保護管理を続ける「ピッキオ」(軽井沢町)が企画した「ツキノワグマウオッチング」に参加した。

この記事は有料記事です。

残り1639文字(全文1863文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集