特集

第46回社会人野球日本選手権

社会人野球の単独チーム日本一を争う第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。

特集一覧

社会人野球

JABA徳山大会 フェニックス、準決勝で惜敗 /愛媛

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【松山フェニックス-日鉄ステンレス山口シーガルズ】四回表松山フェニックス1死満塁、井上が勝ち越しの左適時打を放つ=山口県周南市徳山の津田恒実メモリアルスタジアムで、2021年5月3日午前10時10分、脇山隆俊撮影
【松山フェニックス-日鉄ステンレス山口シーガルズ】四回表松山フェニックス1死満塁、井上が勝ち越しの左適時打を放つ=山口県周南市徳山の津田恒実メモリアルスタジアムで、2021年5月3日午前10時10分、脇山隆俊撮影

 社会人野球の第50回記念JABA徳山大会(日本野球連盟中国地区連盟、スポーツニッポン新聞社主催、毎日新聞社共催)は3日、山口県周南市の津田恒実メモリアルスタジアムで準決勝と決勝があった。県勢の松山フェニックスは準決勝で延長戦の末、惜敗。決勝では同チームを降した日鉄ステンレス山口シーガルズ(山口県)が福山ローズファイターズ(広島県)に9―2で勝ち、2大会連続5回目の優勝を果たした。

 大会は第45回全日本クラブ選手権大会の中国地区予選を兼ねており、福山ローズファイターズ、航空自衛隊防府ク(山口県)、MSH医療専門学校(広島県)が中国代表に。四国代表は県勢の松山フェニックスで、8日に松山市である2次予選で熱戦を繰り広げる。【脇山隆俊】

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文551文字)

あわせて読みたい

注目の特集