ビンラディン容疑者殺害10年 米、テロ警戒強調 アフガン撤収、理解求め

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バイデン米大統領は2日、2001年9月の米同時多発テロの首謀者で国際テロ組織アルカイダ指導者だったウサマ・ビンラディン容疑者を米軍が殺害してから10年となる節目に合わせ、「米本土への攻撃を防ぎ、米国民の安全を守るという約束は決して揺るがない」とする声明を発表した。バイデン氏はアフガニスタン駐留米軍の完全撤収を表明しているが、同盟国らと協力し「世界中に拡散したテロリストへの警戒…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集