ビル・ゲイツ氏が離婚 資産14兆円 慈善財団の共同運営は継続

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ビル・ゲイツ氏=東京都千代田区で2018年11月、佐々木順一撮影
ビル・ゲイツ氏=東京都千代田区で2018年11月、佐々木順一撮影

 米IT大手マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏(65)は3日、ツイッターへの投稿で、妻のメリンダ・ゲイツ氏(56)と離婚すると発表した。ゲイツ夫妻が運営する世界最大規模の慈善団体「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」は今後も共同運営を続けるという。

 ビル・ゲイツ氏はツイッターにメリンダ氏との共同声明を投稿し、「私たちは27年間にわたり、3人の素晴らしい子供たちを育て、世界中の人々の健康でやりがいのある生活を支援する財団を運営してきた。私たちはその信念を共有し、財団でともに働き続けるが、人生の次の段階において夫婦として共に成長できると確信できない」と離婚を決断した理由を説明した。

 ビル・ゲイツ氏は1975年にマイクロソフトを創業。80年代に入社したメリンダ氏と社内で知り合い、94年に結婚した。ゲイツ夫妻は2000年に設立したビル&メリンダ・ゲイツ財団の共同理事長を務め、貧困、医療、気候変動など世界的問題の解決に取り組んでいる。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文880文字)

あわせて読みたい

ニュース特集