少女に密着26年 獣医への夢追う記録映画、テレビ新潟で初放映

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドキュメンタリー映画「夢は牛のお医者さん」の1シーン=テレビ新潟提供
ドキュメンタリー映画「夢は牛のお医者さん」の1シーン=テレビ新潟提供

 獣医師の夢をまっすぐに追い求めた少女の26年間に密着したドキュメンタリー映画「夢は牛のお医者さん」が7日午後6時15分から、テレビ新潟で初放映される。2014年に公開され、第24回日本映画批評家大賞などを受賞した作品。時田美昭監督(61)は「誰もが前向きになれる映画。コロナ禍だからこそ見てもらいたい」と思いを込めた。【内田帆ノ佳】

 1987年、テレビ新潟報道記者だった時田監督が、新潟県旧松代町(十日町市)の小学校に「入学」した3頭の子牛を取材。当時小学3年生の高橋知美さん(42)と出会い、物語が始まる。以来、高校生活、大学受験、国家試験と撮影は26年に及んだ。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文925文字)

あわせて読みたい

注目の特集