GWのUターン始まる コロナ下で大きな混雑はなし

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
海老名サービスエリア付近から都心方面(奥)へ延びる東名高速上り線の車列=神奈川県海老名市で2021年5月4日午後6時56分、本社ヘリから小出洋平撮影 拡大
海老名サービスエリア付近から都心方面(奥)へ延びる東名高速上り線の車列=神奈川県海老名市で2021年5月4日午後6時56分、本社ヘリから小出洋平撮影

 ゴールデンウイーク(GW)を古里や行楽地で過ごした人たちのUターンが4日、始まった。新型コロナウイルスの感染再拡大で、東京や大阪など4都府県に緊急事態宣言が出ており、高速道路や鉄道で大きな混雑は見られなかった。

 日本道路交通情報センターによると、午後9時半時点で東名高速道・海老名サービスエリア(神奈川)付近の上り線は11キロの渋滞が発生。中央自動車道上りは小仏トンネル付近(神奈川―東京)で12キロの渋滞が起きた。

 JR各社によると、上り自由席乗車率は東海道新幹線で10%以下から60%、東北・山形・上越・北陸各新幹線も5~40%で推移した。空の便も空きが目立ち、日本航空によると、国内線の上り便の予約率は約66%だった。【大野友嘉子、近松仁太郎】

あわせて読みたい

注目の特集