「紀州のドン・ファン」殺害容疑の元妻、逮捕後取り調べに黙秘

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
須藤早貴容疑者=知人提供 拡大
須藤早貴容疑者=知人提供

 和歌山県田辺市で2018年、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた会社社長、野崎幸助さん(当時77歳)が急死した事件で、殺人などの疑いで逮捕された元妻の須藤早貴容疑者(25)が逮捕後の取り調べに黙秘していることが、関係者への取材で判明した。

 須藤容疑者は18年5月24日、田辺市内の野崎さん宅で、何らかの方法で覚醒剤を野崎さんに飲ませ、急性覚醒剤中毒で死亡させたとして逮捕された。

 関係者によると、逮捕前、須藤容疑者は任意での事情聴取に「身に覚えがない」などと死亡への関与を否定。県警は逮捕後の認否を明らかにしていなかった。

 これまでの捜査では、須藤容疑者が事件前、インターネットで覚醒剤について検索し、密売人と接触した形跡がスマートフォンに残っていることが分かっている。一方、殺害の目撃証言はなく、覚醒剤をどうやって飲ませたかなども判明しておらず、県警は慎重に裏付けを進めている。【山口智、木村綾、橋本陵汰】

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集