ソフトバンク・モイネロ「全力で抑えた」 守護神・森の穴を埋める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ソフトバンク-楽天】九回に登板し、2セーブ目を挙げたソフトバンクのモイネロ=ペイペイドームで2021年5月4日 拡大
【ソフトバンク-楽天】九回に登板し、2セーブ目を挙げたソフトバンクのモイネロ=ペイペイドームで2021年5月4日

○ソフトバンク6―4楽天●(4日・ペイペイ)

 ソフトバンクが継投で楽天の追い上げをかわした。

 2点リードで迎えた九回、守護神の森を欠くソフトバンクがマウンドを託したのはモイネロだった。これまで八回を任されていた左腕だったが、動じることはなかった。「いつも通り自分の仕事をしっかりしようと、全力で抑えた」。先頭打者の村林を遊ゴロに打ち取ると、続く辰己は150キロ台の直球で追い込み、大きく曲がるカーブで見逃し三振に。最後は鈴木大をスライダーで二ゴロに仕留めて試合を締めた。

 森は左肘関節を痛めて、4月30日に出場選手登録を抹消された。リリーフ陣の精神的な支柱が抜けた影響は大きく、同日のオリックス戦では八回にモイネロが今季初失点すると、九回を任された岩崎もリードを守り切れず、サヨナラ負けした。

 しかし、この日は違った。岩崎は八回無死一、二塁のピンチを招いたが、後続を冷静に抑えて無失点で切り抜けて、モイネロにつないだ。先発の笠谷が五回途中で降板したが、その後は今季初勝利を挙げた津森ら5人の投手が1イニングずつしのいだ。工藤監督は「冷や冷やする場面もあったが、頑張ってくれた」と救援陣の奮起をたたえた。モイネロは「リリーフ陣全員で森さんの穴を埋められるように頑張っていきたい」と決意を語った。【黒澤敬太郎】

あわせて読みたい

注目の特集