連載

輝け★わが街・地域おこし協力隊

北海道内で活動する地域おこし協力隊の奮闘ぶりを紹介し、「わが街を輝かせたい」という隊員の思いを伝えます。

連載一覧

輝け★わが街・地域おこし協力隊

/5 人と人結ぶ「当事者」に 弟子屈 川上椋輔さん(25)=宮城県出身 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アカエゾマツの葉や枝を蒸留して精油などを抽出する装置にカメラを向ける川上椋輔さん=北海道弟子屈町で2021年4月27日、本間浩昭撮影
アカエゾマツの葉や枝を蒸留して精油などを抽出する装置にカメラを向ける川上椋輔さん=北海道弟子屈町で2021年4月27日、本間浩昭撮影

前職生かし町の魅力配信も

 「心の底から湧き上がるさまざまな感情がありました。UHB(北海道文化放送)を9月いっぱいでやめることにしました」。昨年7月28日夜、当時UHBアナウンサーだった川上椋輔さん(25)は会員制交流サイト(SNS)でこうメッセージを送り、退職後の相談を持ちかけた。

 相手は、津別町を拠点にウェブローカル番組「道東テレビ」を運営する立川彰さん(41)。札幌市で開かれたビジネス交流イベント「NoMaps(ノーマップス)」で知り合って以降、地元に肉薄して情報発信する道東テレビを羨望(せんぼう)のまなざしで見ていた。

 この6日前、日本テレビ系列のヒット番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の人気コーナー「日本列島ダーツの旅」に出演する立川さんの姿があった。2年半勤めたUHBを退職した後、神奈川県鎌倉市で街づくりを学ぶ構想を描いていたが、その姿に気持ちが揺れた。「立川さんがやられているようなことをやりたかった」。こう伝え、近いうちに会うことになった。

この記事は有料記事です。

残り1095文字(全文1532文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集