特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

新型コロナ 五輪マラソン テスト大会、厳戒態勢 きょう札幌 応援自粛呼び掛け /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪マラソンテスト大会に向け、沿道に張られた観戦自粛の呼び掛け=札幌市中央区の大通公園で2021年5月4日、高橋由衣撮影
東京五輪マラソンテスト大会に向け、沿道に張られた観戦自粛の呼び掛け=札幌市中央区の大通公園で2021年5月4日、高橋由衣撮影

 札幌市で5日、東京オリンピックのマラソンのテスト大会が開かれる。道内で新型コロナウイルス感染が急拡大する中、五輪組織委員会は4日の記者会見で「少しでも安心してもらえる大会にする」と理解を求め、選手らの感染防止、沿道での応援自粛などに厳戒態勢で臨む姿勢を強調した。【高橋由衣】

 テスト大会は道や札幌市、組織委などで作る実行委員会が主催。ハーフマラソンは午前9時50分、10キロマラソンは午前10時50分に、札幌市中央区の大通西4から男女一斉にスタートする。出走予定は男子89人、女子13人の計102人で、外国人選手6人も参加する。

 関係者と市民の最大の懸念材料が、2日に過去最多の326人が報告された道内のコロナ感染拡大だ。鈴木直道知事と秋元克広市長は3日の緊急会談後、沿道での応援を自粛するよう市民に改めて要望。鈴木知事は組織委に、テスト大会を必要最小限の実施にするよう求めた。それでもネット上では「中止にすべきだ」「飲食店の営業時短要請などと矛盾している」といった批判が広がっている。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文738文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集