東日本大震災

復興支援の国々に感謝メダル贈呈へ 東北の工芸家ら70人自作 /宮城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東北復興支援記念メダルプロジェクトのリーフレット=プロジェクト実行委員会提供
東北復興支援記念メダルプロジェクトのリーフレット=プロジェクト実行委員会提供

 東日本大震災からの復興を支援した国や国際機関に、東北地方の工芸家ら70人が自作した「復興支援記念メダル」を近く贈呈する。「復興五輪」を掲げる東京オリンピック・パラリンピックに向け、おもてなしの気持ちも作品に込めた。

 発端は2018年、山形県大石田町で創作活動を続ける陶芸家、フランス人のブルーノ・ピーフルさん(63)の一言だった。「五輪で来日する選手に工芸家たちで作ったメダルを贈りたい」。金、銀、銅のメダルに届かない選手にも、独自のメダルを渡したいと工芸仲間に話した。

 それを聞いた同県長井市の漆工芸家、江口忠博さん(63)が、オリンピック組織委員会メンバーに相談。来日する選手が約2万人のため、在日大使館を通じて支援各国に贈ることにした。19年に「東日本大震災3・11復興メダル贈呈プロジェクト」と題して活動を開始。制作者が費用を負担するボランティア活動とし、トータルコーディネーターを、東京造形大の玉田俊郎教授に依頼した。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文869文字)

あわせて読みたい

注目の特集