東日本大震災

福島勇気づける「コゼット」 スズメの物語、大津で絵本朗読会 冨澤さん「癒やし、癒やされる」 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
絵本「すずめのコゼット」を朗読する冨澤利男さん=大津市小関町の三橋節子美術館で2021年4月17日午後2時39分、礒野健一撮影
絵本「すずめのコゼット」を朗読する冨澤利男さん=大津市小関町の三橋節子美術館で2021年4月17日午後2時39分、礒野健一撮影

 福島県南相馬市の柔道整復師、冨澤利男さん(64)とスズメ「コゼット」の出会いを題材にした絵本「すずめのコゼット」が、震災と原発事故に見舞われた福島の人々を勇気づけている。絵本の朗読会で大津市を訪れた冨澤さんは「ただ、そこにいてくれるだけで優しい心を与えてくれる」と目を細め、コゼットも冨澤さんに寄り添っていた。【礒野健一】

 2011年3月11日に発生した東日本大震災で、冨澤さんの自宅は倒壊や津波の被害は免れたものの、福島第1原発から約30キロの距離にあったため、約2カ月間、家族とともに山形県へ避難した。南相馬市に戻った後も街に活気は戻らず、寂しい気持ちで日々を過ごしていた。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1203文字)

あわせて読みたい

注目の特集