日本人宿泊 3月、4カ月ぶりの増 京都市内の延べ数 前年同月比 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都市内の主要ホテルを2021年3月に利用した日本人延べ宿泊数は20年3月より24・9%増と、前年同月を4カ月ぶりに上回ったことが、京都市観光協会のデータ月報で分かった。新型コロナウイルスの2回目の緊急事態宣言が、3月1日で解除されるなどした影響があると見られる。ただ、19年3月比では28%減と、状況の厳しさに変わりない。

 調査は81ホテル計1万5330室が対象。市内のホテル客室数の約4割に当たる。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文608文字)

あわせて読みたい

注目の特集