少年院出た後、学習支援 法務省、民間と協力 今夏にも

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 少年が再非行に陥るのを防ぐため、法務省は、民間の事業者と協力して、少年院を出た少年への学習支援に乗り出す。少年院に入る少年の6割強は在学しておらず、高校卒業の資格を持っていないとのデータもあり、民間のノウハウを活用して学びの継続を支え、高校卒業や進学、就職にもつなげたい考えだ。早ければ今夏にも事業をスタートさせる。

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1132文字)

あわせて読みたい

注目の特集