女性議員増へセクハラ防止 議連、法改正素案

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 女性の政治参画推進を目指す超党派議員連盟(会長・立憲民主党の中川正春元文部科学相)は、2018年に成立した「政治分野の男女共同参画推進法」を改正する素案をまとめた。議員や候補者へのセクシュアルハラスメント(セクハラ)やマタニティーハラスメント(マタハラ)を防止する規定を新設することが柱。素案策定は…

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文256文字)

あわせて読みたい

注目の特集