特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第79期名人戦七番勝負 挑戦者・斎藤慎太郎八段-渡辺明名人 第1局の8

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

斎藤の受けの勝負手 観戦記・椎名龍一

 図から[先]8五同歩と素直に応じるのは[後]5八銀が厳しい攻めになる。以下[先]2四歩[後]5九銀不成[先]同角[後]5八と[先]8六角[後]8五飛という一例が検討の継ぎ盤で示され、後手よしが示された。

 とはいえ、[後]8六歩と取り込まれる手を許しては先手に勝ち目が無さそうに思える局面だ。苦しげに考える斎藤に記録係の田中大貴三段が「残り1時間です」と告げた。尋常な受け手では勝機がないとみたか、斎藤は図から[先]6九角と受けの勝負手を放つ。狭い玉をさらに狭くしてし…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集