中露に対抗、焦点 G7外相会合開幕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 主要7カ国(G7)外相会合が3日、ロンドンで開幕した。本格討議初日の4日は中国やロシア情勢が主な議題。バイデン米政権が「専制主義」と見なす両国に、結束して対抗姿勢を示せるかが焦点だ。北朝鮮非核化や人権問題のほか、最終日の5日にはインド太平洋地域の民主主義国もゲスト参加し、新型コロナウイルスや気候変動対策で連携強化を目指す。

 G7外相会合は1月のバイデン政権発足後初めて。新型コロナの影響で対面での開催は約2年ぶりとなった。茂木敏充外相やブリンケン米国務長官らが出席し、5日に共同声明を発表する。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文751文字)

あわせて読みたい

注目の特集