連載

きょうのセカンドオピニオン

読者からの身近な病気や健康の悩みに、専門医が答えます。

連載一覧

きょうのセカンドオピニオン

孫娘にひどい月経痛=答える人・原田省院長(鳥取大病院・女性診療科)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 Q 孫娘にひどい月経痛

 14歳の孫娘の月経痛がひどく、鎮痛剤を使用していますが、日常生活に支障があります。我慢するしかないのでしょうか。(神奈川県、70代、女性)

 A 鎮痛剤効かない時はホルモン剤を

 日常生活に支障が生じるほどの重い月経痛を「月経困難症」といいます。子宮や卵巣に異常がなくて痛みがひどければ鎮痛剤を使用します。痛みを抑えられなければホルモン剤を使います。

 月経時の痛みは、子宮からはがれ落ちた子宮内膜を、血液と共に排出するために子宮が収縮することで起こります。血液の一部は、卵管を通っておなかへ逆流します。ホルモン剤を使用すると出血量が減り、痛みを改善できます。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文756文字)

あわせて読みたい

注目の特集