プロ野球 阪神11-5ヤクルト 祝、プロ1号 トラ中野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
八回表阪神1死二塁、中野が右越えにプロ初本塁打となる2ランを放つ=神宮
八回表阪神1死二塁、中野が右越えにプロ初本塁打となる2ランを放つ=神宮

 阪神が4連勝で貯金は今季最多の13。同点の七回、マルテのソロで勝ち越し。八回に中野のプロ1号の2ランで加点した。ヤクルトは五回に山田の適時二塁打などでリードしたが、投手陣が粘れず開幕から同一カード6連敗。

拓(ひら)く虎Vの夢

 阪神の新人は売り出し中の佐藤輝だけじゃない。ドラフト6位の中野拓夢がプロ初本塁打を放ち、首位を走るチームをさらに勢いづけた。

 1点リードの八回1死二塁、ヤクルトの3番手・坂本の内角高めの直球を逃さなかった。「真っすぐを仕留めることに集中して打席に入った。早くタイミングをとって、いつでも振りにいける準備はしている」。前寄りの守備隊形を取る右翼手の頭上をはるかに越えて、打球はスタンド中段に飛び込んだ。

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文807文字)

あわせて読みたい

注目の特集