連休明け、子どもの「サイン」見逃さないで 不安高まる時期

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響で家庭や教育環境が変化する中、子どもの自殺が深刻化している。昨年は5月以降、小中高生の自殺が増え始め、過去最多となった。今年も首都圏などで緊急事態宣言が続いており、不登校などの子どもと関わる関係者は連休明けを前に、子どもの「サイン」を見逃さないように注意を呼びかけている。

 不登校の子どもを取材し、相談にも乗って…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文383文字)

あわせて読みたい

注目の特集