Facebook監督委、トランプ前大統領の投稿制限を支持

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米ネット交流サービス(SNS)大手フェイスブック(FB)の第三者機関「監督委員会」は5日、トランプ前大統領の支持者らによる米議会乱入事件を受け、FBがトランプ氏のアカウントを無期限で凍結した処分について、投稿制限を支持する判断を下した。無期限凍結については「FBの罰則規定に明記されていない」と指摘し、6カ月以内にアカウントを永久停止するか再開を認めるかを改めて判断するよう求めた。

 監督委は5日の声明で、トランプ氏の投稿が「選挙違反という根拠のない主張を繰り返し、行動を呼びかけることで、暴力の深刻なリスクを生み出した」と指摘し、「暴力の称賛や支援を禁止する投稿規定に著しく違反した」と判断。FBによるアカウント停止措置は「正当」だったと結論付けた。

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1393文字)

あわせて読みたい

注目の特集