羊毛で紡ぐ夢「10年で10作品」島根・大田に移住の笠木真衣さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
12頭の羊を飼いながら羊毛作品に取り組む笠木真衣さん=大田市で2021年4月16日午後1時5分、萱原健一撮影
12頭の羊を飼いながら羊毛作品に取り組む笠木真衣さん=大田市で2021年4月16日午後1時5分、萱原健一撮影

 神奈川県出身で2018年に島根県大田市に移り住んだ羊毛作家、笠木真衣さん(37)が、同市山口町の自宅で羊を飼いながら自作の制作に取り組んでいる。笠木さんの第1作「綾織服地」は20年秋、生地の質やデザインを競う全国大会で最高賞を受賞した。いきなりの快挙に「信じられない」と驚きを隠さないが、「目標は10年間で10作品」とじっくり先を見据える。2作目の靴下も完成したばかり。羊毛で何を紡ごうとしているのだろうか。【萱原健一】

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1547文字)

あわせて読みたい

ニュース特集