海中で分解するレジ袋、小中学校などで配布 大分・中津

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
奥塚市長(右)に海中で分解する国内初のレジ袋を贈った仲理事長=大分県中津市で2021年4月20日午後2時3分、宮本勝行撮影
奥塚市長(右)に海中で分解する国内初のレジ袋を贈った仲理事長=大分県中津市で2021年4月20日午後2時3分、宮本勝行撮影

 大分県中津市の企業・団体でつくるNPO法人・中津まちづくり協議会(仲浩理事長)は、海中で分解するレジ袋(縦50センチ、横26センチ)2万3000枚を奥塚正典市長に寄贈した。市内の31小中学校に50枚ずつ、全児童生徒に3枚ずつ渡し、環境問題への意識を高めてもらう。

 このレジ袋は植物由来の原料を使う海洋生分解性プラスチックで作られ、海中で1年後には90%が水と二酸化炭素に分解される。協議会…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

注目の特集