特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

仕事もアパートも探せない コロナ禍、スマホ失った人々の悲鳴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
貸与されたスマートフォンを手にする女性=東京都中野区で2021年4月19日、東海林智撮影
貸与されたスマートフォンを手にする女性=東京都中野区で2021年4月19日、東海林智撮影

 スマートフォン無しでは新たな仕事を見つけることも、アパートを借りることもできない――。新型コロナウイルスの感染拡大が引き金となって仕事や住まいを失った人たちのこうした訴えが、生活困窮者の支援に取り組む団体に続々と寄せられている。いったい、何が起こっているのか。

 「住居も連絡先も無い。自分は本当にこの世に存在するのだろうかと心細かった」。家賃の滞納がきっかけで、東京都足立区のネットカフェで3年ほど暮らしていた30代前半の女性は振り返る。

 ネットカフェ生活とほぼ時期を同じくして、料金の滞納によりスマホを使って通話できなくなった。Wi-Fi(ワイファイ、無線LAN)が使える場所ならば、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って友人らと連絡が取れる。でも通話できないスマホは連絡先とならないため、日雇い派遣の仕事を見つけることもできず、働き先はもっぱら日払いの飲食店に。その日暮らしが続いた。

この記事は有料記事です。

残り1343文字(全文1741文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集