「入管法の改悪反対」作家・中島京子さんや遺族らが廃案求め会見

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国会で審議されている出入国管理及び難民認定法(入管法)の改正案を巡り、「法案は問題点が多く改悪と言わざるを得ない」などとして廃案を訴える弁護士や作家らが6日午後3時半から東京都内で記者会見を開いた。名古屋出入国在留管理局で収容中、3月に亡くなったスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)の遺族もオンラインで出席した。

 大型連休明けにも改正案が採決される可能性があるとして急きょ開催を決めた。難民支援に携わる弁護士が呼びかけ、作家の中島京子さんや温又柔さん、星野智幸さんら著名人も参加。ウィシュマさんの葬儀と、入管側へ事実関係の説明を求めるため来日している妹のワユミさんとポールニマさんも、自主隔離中の滞在先からオンラインで登壇した。

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文475文字)

あわせて読みたい

注目の特集