「事実を公に」赤木さんの無念 妻「ようやく一歩、全て明らかに」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
元近畿財務局職員の赤木俊夫さんの妻が受け取った「赤木ファイル」の存在を認める文書。手前は「改ざん」に言及した部分=大阪市北区で2021年5月6日午後5時22分、望月亮一撮影
元近畿財務局職員の赤木俊夫さんの妻が受け取った「赤木ファイル」の存在を認める文書。手前は「改ざん」に言及した部分=大阪市北区で2021年5月6日午後5時22分、望月亮一撮影

 学校法人「森友学園」を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、国は「赤木ファイル」の存在を初めて認め、開示する方針を示した。改ざんの経緯を克明に残したとされる近畿財務局職員の赤木俊夫さん(当時54歳)が命を絶ってから約3年。「ようやく一歩進んでくれた」。真相究明を求め続けてきた妻は、文書の全面的な開示を国に訴えた。

 妻雅子さん(50)は6日夕、大阪市内で報道各社の取材に応じ、「夫が苦しみ抜いて残したものがまだあったんだと安心しました」と語った。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文771文字)

あわせて読みたい

注目の特集