特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

福岡の聖火リレー、実施困難に 緊急事態追加の政府方針で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
聖火リレーのトーチ=東京都中央区で2021年3月24日(代表撮影)
聖火リレーのトーチ=東京都中央区で2021年3月24日(代表撮影)

 福岡県は6日、東京オリンピックの聖火リレーについて、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府に「まん延防止等重点措置」の適用を要請している福岡市、久留米市に加え、太宰府市▽糸島市▽飯塚市▽志免(しめ)町▽桂川(けいせん)町――の5市町の計7市町では公道での実施を中止すると発表した。観衆らが集まる恐れがあり、感染リスクが避けられないと判断した。ただ、県の発表後、政府が福岡県を緊急事態宣言の対象に加える方針を決めたことで、7市町以外も含め県内でのリレー実施は困難な見通しとなった。

 県内では、11日と12日に計20市町村でリレーが実施される予定だった。県は公道でのリレーに代わって、1日目の11日に福岡▽糸島▽久留米▽太宰府▽志免――の各市町のランナーが福岡市の平和台陸上競技場である式典に参加し、トラックコースを走ると発表。2日目の12日は飯塚市と桂川町のランナーが北九州市の関門海峡ミュージアム前である式典に参加するが、トーチを持って走ることはない見込み。福岡市の式典は無観客…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文706文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集