犬山市観光協がサイト 半数以上が初のネット販売 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染拡大で、観光客が減少している国宝犬山城(犬山市)周辺の店舗を支援しようと、同市観光協会は、インターネットを通じて市内27店舗の食品などの買い物ができるサイト「尾張犬山onlineふるさと市」を開設した。半数以上の店舗が初のオンライン販売となる。金城学院大(名古屋市)の学生らが店の紹介文を執筆するなど協力した。

 観光協会によると、犬山城周辺は2020年以降、コロナ禍で観光客が激減。一方で多くの店舗は経営者が高齢であったり、家族経営の小規模店で、ネット活用の機会が少なかったことなどからオンラインショップを持っていなかった。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文509文字)

あわせて読みたい

注目の特集