和泉市新庁舎が完成 自家発電設備など防災強化 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成した和泉市役所の新庁舎=大阪府和泉市府中町2で、園部仁史撮影
完成した和泉市役所の新庁舎=大阪府和泉市府中町2で、園部仁史撮影

 老朽化による建て替え工事を進めていた和泉市役所(同市府中町2)の新庁舎が完成し、6日、業務が始まった。免震構造や自家発電設備を取り入れ、防災機能を強化した。旧庁舎解体などの工事は2022年12月まで続く予定。

 1958年完成の旧庁舎は老朽化し耐震性も不十分だったため、2019年12月に建て替えを着工。鉄骨造7階建てで、延べ約1万1990平方メートル。防災機能強化の他、市民利用の多い窓口を1階と2階の低層階に集約させ、各階2カ所にバリアフリ…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

あわせて読みたい

注目の特集