連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

緊急事態宣言延長へ 「短期集中」不発 「中途半端」強まる批判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス対策 緊急事態宣言発令の経緯
新型コロナウイルス対策 緊急事態宣言発令の経緯

 政府は6日、東京や大阪など4都府県に発令中の緊急事態宣言を延長する方針を決めた。酒類を提供する飲食店や大型商業施設などに休業を要請するなどの厳しい措置を、大型連休(GW)中の「短期集中」で講じたが、狙ったほどの大きな感染抑止効果を得られなかったためだ。対策が不発のまま、ずるずると宣言延長を余儀なくされた菅政権に「対応が中途半端」「説明不足」との批判が強まりそうだ。

 「変異株は従来株の1・3倍の感染力だ。以前のように感染者数は(緊急事態宣言の期間内に)減らないかもしれない」。田村憲久厚生労働相は延長方針の決定に先立つ6日のTBS番組で、宣言延長やむなしという考えをにじませた。厚労省幹部は「宣言の効果はあったが、感染者数を大きく落とすところまではいかなかった、ということだ」と解説する。

この記事は有料記事です。

残り2925文字(全文3271文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集