連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

富士登山鉄道の課題

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 富士山5合目までの有料道路「富士スバルライン」に鉄道を敷設する構想を山梨県の検討会が2月にまとめた。事業の開始時期やスキームは未定だが、同県は増加する来訪者や渋滞対策として今後、国や静岡県と共に検討して実現を目指す。だが、世界遺産としての景観保全や安全・技術面で課題も多く、懸念や反対の声も根強い。

観光再考へ 議論の起爆剤に 長崎幸太郎・山梨県知事

 富士山の価値を発揮し、その恩恵が地域に及ぶ仕組みとして、登山鉄道は有力な一つの手段だろう。富士山の環境負荷は看過できない状況で臨界点を超えている。また、観光の在り方も方針転換を迫られている。

この記事は有料記事です。

残り4168文字(全文4439文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集